【猫にとって観葉植物は危険?】安全性を調べることができるサイト8選

観葉植物を置きたいけれど、〇〇は安全なの?
検索で「〇〇 安全」で検索しても出てこない。

猫4匹と暮らしている私たちも観葉植物をリビングに置く時、いつも悩みます。



安全な観葉植物をどうやって確認すれば良いの?

方法は、危険な植物一覧に含まれていないことを確認する。

ただし、危険な植物一覧でないからと言って安心とは言いきれません。
マイナーな植物の場合、危険であっても一覧に載っていないだけかもしれません。

重要なのは
危険な植物一覧に載っていないこと
安全な植物一覧として紹介されていること
この両方にあてはまることだと考えています。

調べる時は、情報の発信源が明確で、信頼性が保証できるサイトが前提です。

猫4匹と暮らす私たちが観葉植物の安全性を調べる際に活用したウェブサイトを紹介したいと思います。

危険な観葉植物一覧を調べる

① 井上動物病院

ペットに危険な植物
ペットに危険な植物・毒草図鑑(犬に危険な植物・猫に危険な植物) 生活圏にはペットにとって有害な植物が多く存在しております。 本ページに記載する100あまりの植物は、その一部です。 観賞用・園芸用の植物は基本的に食べてはいけません。 私は研究の一環で食べたり舐めたりしましたが絶対真似をしないように。 特に、アブラムシや芋...

埼玉県の動物病院さんのホームページ内の記事です。

お花の名前であいうえお順に整理されていて非常に見やすいです。

全ての一覧が1ページで書かれているので、気になるワードで「検索」を使うことができるところもオススメです。



② All About(情報発信サイト)

猫にとって毒・危険な花・植物!食べてはいけない植物リスト
猫にとって危険で毒になる植物は700種類以上あるといわれています。部屋の中に観葉植物を飾りたいな、と思った時はまず、その植物が猫にとって毒にならないか、危険なものかどうか確認してください。有毒になりうる植物の種類や部位(花・茎など)、口にした場合の症状をまとめました。

様々な情報を発信しているサイトによる、「猫にとって毒・危険な花・植物!食べてはいけない植物リスト」というテーマで書かれた記事。

科ごとのあいうえお順に整理されており、非常に見やすいです。

執筆者情報がきちんと明記されているので、最低限の信憑性は確保されていると思います。

すべての一覧が1ページで書かれているので、気になるワードでの「検索」を使うことができるところもオススメな点。



③ にゃんこのおうち(保護された猫たちの里親さん探しのサイト)

猫に有毒な植物リスト / にゃんこのおうち

保護猫活動に関する様々な情報を載せていらっしゃるサイトの記事です。

かなり歴史のあるサイトのようです。近年の更新頻度がはっきりと分かりませんが、猫愛に溢れた管理人さんによるサイトで参考になります。

すべての一覧が1ページで書かれているので、気になるワードでの「検索」を使うことができるところもオススメな点。



④ アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)

Toxic and Non-Toxic Plant List - Cats

アメリカの動物愛護団体による猫に危険な植物の一覧。

1000種類近くと掲載数が圧倒的。もちろん日本ではほとんど見ないような植物も沢山あると思いますが、それでも1000近くの種類はすごいです。

掲載の順番はたぶんランダムな感じです。

すべての一覧が1ページで書かれているので、気になるワードでの「検索」を使うことができるところもオススメな点。

英語表記になる人は、ページを日本語表記に切り替えれば問題なく見れますよ!



⑤ 銀の糸~日本人の知恵・知識(個人ブログ)

猫に毒で危険な観葉植物。中毒を起こすと?食べてしまったら?
猫を飼っていて、絶対に猫のいる部屋に飾ってはいけない毒のある植物をまとめてみました。 猫に中毒を引き起こす危険…

こちらは個人ブログの記事になっています。見た限り匿名ですし、猫に特化したブログという訳でもなさそうです。

このサイトが良い点は、「猫にとって致死的な危険な毒性をもつ植物」と「猫にとって危険な毒のある観葉植物」に分けて整理して書いてくださっている点です。掲載されている植物が限定されている分、見やすいです。

ただ、個人のブログである点、また網羅的に掲載をしている訳ではないのでご注意を。






安全な観葉植物一覧を調べる

① 株式会社松波動物病院 通信販売部本店公式ブログ

愛猫にとって毒となる観葉植物とは?猫に危険をおよぼす植物の種類 | 松波動物メディカル通信販売部本店公式ブログ
愛猫にとって毒となる観葉植物とは?猫に危険をおよぼす植物の種類をご紹介します。松波動物メディカルはペットの健康管理に必要な動物病院お薦めの商品をご提供いたします。

株式会社松波動物病院が運営するサイト。

比較的安全性が高い植物として、ガジュマル、サンスベリア、ネムノキが挙げられています。



② 猫のコラム(日本動物医療センター)

猫がいるけど部屋に植物も置きたい! 〜植物による中毒事故を防ぐために〜 | 渋谷区の動物病院なら日本動物医療センター

渋谷区にある動物病院による記事です。こちらでは、猫に安全とされているものとして、以下の植物が紹介されています。

えん麦、エノコログサ、 ミント、 観音竹、 パキラ、 ガジュマル、 シュロチク、 サンスベリア、 モンステラ、 シャコバサボテン、 エバーフレッシュ、バジル(シソ科)、 ラン、 ミント、 オリヅルラン、 キャットニップ、 サルビア、 レモングラス、 ガーベラ、 バラ、 ヒャクニチソウ



③ いぬと暮らす、ねこと暮らす(アクサ損害保険株式会社)

【獣医師監修】猫にとって危険・安心な観葉植物|アクサダイレクト
猫は肉食動物ですが“猫草”など植物も好んで食べます。しかし、なかには誤って食べると嘔吐、下痢、呼吸困難など中毒症状を引き起こし、場合によっては命を落としてしまう猫にとって危険な植物も存在します。

アクサ損害保険株式会社の「いぬと暮らす、ねこと暮らす」というWebサイトの記事で、安全な植物として紹介されているのは、以下のものになります。

えん麦などの猫草、パキラ、アジアンタム、エバーフレッシュ、サンスベリア、ヤシ科の植物






『危険な植物一覧に載っていない=安全』ではない!

危険な植物一覧に載っていない=安全 という考え方は危険です。なぜならWebサイトでは基本的には代表的なものしか載っていない訳ですから。

また、天井から吊るせば大丈夫という考えも危険です。落ちた葉を猫が食べてしまうかもしれませんし、花粉が飛ぶだけで危険な植物もあります。

猫と同一空間におく観葉植物は、ガジュマルやパキラ、サンスベリアといったある程度の安全性が確認されてる代表的なものに限ると思います。それも100%の安全を保障する訳ではないでしょうから、猫が食べていないか、置いた後に体調が変化ないかなど、慎重に観察することが大切だと思います。

かなり限られた植物しか部屋に置くことはできませんが、その制限の中でも私たちもお部屋にグリーンを取り入れる工夫をお試し中です。よければこちらの記事もご参照下さい。






アロマは厳禁!かなり危険です。

私たちも最初は知らず玄関で使ってました。猫にとってアロマは猛毒であることを…。

精油は植物のエキスを凝縮していて、少量舐めただけでも命に関わります
仮に舐めなくても臭覚が鋭い猫にはニオイだけでも中毒を起こす可能性があり、絶対に避けるべきです。

この事実を知ってから、たとえ猫が入らない玄関であっても、絶対にアロマは使わないことにしています。柔軟剤などの香りがあるものも、基本的に控えるようにしています。

いかがだったでしょうか。


猫との暮らしのなかで観葉植物を取り入れる。
みなさまのご参考になれれば嬉しく思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました