【尾道おすすめパン屋】猫と出会う散歩途中に私が立ち寄る4つのお店


尾道
私達が、何度旅してもまた行きたくなる場所。

行先があってもなくても、ひとまず歩いてみれば
地域の人と暮らす猫さん
パン屋さんに珈琲屋さん
リベーションしたカフェや雑貨店にノルスタジックな街並み

何かに出会えて、優しくほっこりした気持ちになったり、
時にふと考えさせられる場所。

今回のテーマは、そんな尾道で私が散歩途中で立ち寄るお気に入りパン屋さんです。
パンの激戦区と言われる程、美味しいパンが溢れている尾道。
気づけば1日パン巡りしてたなんてことも。
お散歩途中で出会った地域猫さんのお写真とともに4つのパン屋さんをご紹介します

申し遅れましたが、私はおまめにゃんず(母猫とそのこども猫3匹)と暮らす同居人です。
尾道が好きすぎて週末に1泊2日で関西から旅しに行ってます。

小道に佇む絵本に出てきそうな「ネコノテパン工場」


絵本に登場しそうな、車は入らない坂道の途中にひっそりと佇む小さなパン屋さん。



尾道駅から徒歩10分にある光明寺敷地内の小道を通るのが近道です。


光明寺(右の小道がネコノテパン工場に繋がります)

鐘の前にサビ柄の猫さん。


木の椅子で寛ぐサビ柄の猫さん。
貫禄のある表情で、横に座るとお膝に乗ってくれました。


小道を進んですぐ、お家が並ぶ一角に看板を発見。

看板の風合いも素敵です。

坂道を登り、街並みに溶け込む様に絵本に出てくるようにお店「ネコノテパン工場」がありました。

ガーランドとミモザのリースがお店の可愛さを引き立てています。
お店の外でもパンの良い香りが漂ってきます。

人気のお店なので朝は行列が出来ています。回転は速いのでゆっくり尾道の景色や猫さん探しでもしてるとすぐに順番が来ます。

店内は2人が立って状態で入れるくらいのスペース。
店内はより一層焼き立てパンの香りに包まれていました。

ペンダントライトの間接照明と小窓からの柔らかい光に包まれるパン

横の棚や引き出しにもパン屋焼き菓子が並んでいて、小さな宝箱みたいでわくわくします。

沢山の種類に目移り目移りしつつ、何とか選び抜きました。

坂道を下って海辺でYAMANEKO MILLさんの珈琲と一緒に頂きました。

ベーコンエピ 190円                           


 YAMANEKO MILLさんの 珈琲

タコとガーリックとローズマリーのピザ 300円

   カヌレ 170円


小麦の優しい香りと、外はカリッと中はもっちり。おかずパンは具も沢山入っていました。
ピザはビールとも相性が良さそうです!

帰り道に食べた木苺のあんぱんは、木苺の酸味とあんこのバランスが絶品でした。


ちなみにこちらのパン屋さん、
絵本の世界の中に入り込めるような、不思議な空間だなと思っていたら
本当に絵本のモデルでした。

千光寺近くのカフェ 「みはらし亭」で見つけた絵本 『ネコノテパンヤ』
とてもほっこりする内容でした。




*お店情報
【店名】ネコノテパン工場
【営業時間】朝10時~夕暮れまで
【定休日】火・水曜日
【住所】尾道市東土宮町7-7
【電話番号】050-6864-4987

こちら通信販売もされています。
お家でもこの味を気軽に楽しめるのは嬉しいですよね。







ディープエリアのクロワッサン専門店「CASTLE ROCK」

JR尾道駅からは徒歩約20分。

商店街を過ぎて歩き進めると、さらにディープな雰囲気に包まれ空間が存在しています。


周辺には、猫さんの水飲み場やごはん皿が置かれている場所も多く、
歩いてみると、時の経過に身を任せるかのように静かに暮らしている猫さんに会えます。

そんな空間でブルーの外壁に白い文字で店名が書かれているシンプルなデザインのお店「キャッスルロック」さんを発見。目を惹くのですぐ分かりました。

看板のヨコ文字はあえて右から読むスタイルで、縦書きは漢字とカタカナ。
お店と看板、最新とレトロが合わさっていてお洒落です。

お店の入り口前。
ガラスの中には、店名の看板と袋に入ったクロワッサンのレプリカ?
店内に入るのがますますワクワクします。

店内は2・3人は入れる程のスペースになっています。
一つ一つのの種類のパンの名前や説明書きまで、思わず読み入ってしまいます。


プレーンクロワッサン、恋するショコラ、アップルジャックを選びました。


クロワッサンはとくかく表面がカリッカリのパリッパリ。噛んだ時に耳に入ってくる音でまず幸せになれます。バターの香りもふぁっと香ってきます。

大きさも手のひらサイズで大きめなのも嬉しいポイントです。

恋するショコラは中に入っているヘーゼルナッツチョコと外の生地の香ばしさが相性抜群で、思わず恋する美味しさです。(笑)

アップルジャックは、アップルワインに付け込まれたドライアップルとシナモンが良い香りで、大人のアップルパイという感じでくせになりました。そしてこちらも食べ応えありです。

他にも美味しそうな種類のパンが沢山で是非また行きたくなります。
小さいサイズのクロワッサンが5つ入ったデリンジャーはお土産にも喜ばれそうですよ♪

*お店情報
【店名】CASTLE ROCK
【営業時間】平日am11時~pm6時 休日am11時~pm5時
【定休日】月・火曜日
【住所】尾道市久保2丁目6-34
【電話番号】0848-88-9198


懐かしさと今時が混じる商店街にある「パン屋航路」

尾道駅から歩いて5分、尾道本通り商店街の中にあるパン屋さん。

落ち着いた雰囲気のお店の中には、美味しいパンとともに、
「いらっしゃいませ~」と元気なお店の方のご挨拶。

爽やかな空間にこちらも元気がもらえます。

店内に足を踏み入れる前から、目の前に美味しそうなパンたちが並んでいるのが見えました。

ハード系のパンが多く並んでいますが、他にも多種類のベーグルやお総菜パン、キッシュもあります。

選んでいる途中にも店員さんの
「只今焼き上げりました!」
という声とともに焼き立てパンが突如登場するので、何度も目移りしてしまいました。(笑)


おやき風あんぱん、コーンパン、雑穀ロール、ロールパン

噛み応えがあってもっちり。噛むほど小麦の味に幸せになれます。

じっくり6時間煮込んだカレー入っていて外がガリッガリのカレーパン

丁度焼き立てだってので、中のカレーも熱い状態。
粗目のパン粉の食感がガリガリで、牛すじと野菜の甘味が優しい味のカレーでした。


駅から近いので、パン片手にそのまま尾道散策も出来ちゃいます。
商店街の中、パン屋航路さんの近くに美味しい珈琲屋さんもあるので、少し寄り道してからパンを楽しむのも良いかもしれません。

ちなみにこの商店街沿い、
人気が多いとさすがに出会えませんが、夜の散歩や、商店街を進み続けるとひょっこり地域猫さんに出会えました。

かごの隙間から覗いてくれています。住民さんお手製の段ボールハウスに帰る途中だったみたい。

どこかのお店の縁側を休憩場所にしている様でした。

*お店情報
【店名】パン屋航路
【営業時間】am7時~pm6時まで(売り切れ次第終了)
【定休日】月・火曜日
【住所】尾道市土堂町1丁目3-31
【電話番号】0848-22-8856





朝7時開店 海岸沿いにある地元パン屋さん「パンのなる木」

尾道駅から海を眺めながら歩くこと5分。どこか懐かしい地元のパン屋さんがあります。

店内は5~6人は入れるスペース。
地元の学生が部活帰りに、大きい鞄を持ちながらも買い食い出来そうなくらい。

お小遣いの小銭数枚で買える良心的な価格設定。

ふんわりソフト系のパンに特に惹かれました。

見にくくてすいません。(笑)
照り焼きチキンパン、四角いキューブパン、メロンパン、プレーンベーグルです。

照り焼きチキンパン。バンズはふんわりでゴマの香ばしい香りもします。
中身のチキンとキャベツがぎっしり!照り焼きのソースの甘辛さが食欲をそそりました。

メロンパンは柔らかいパンにほろほろサクサクなクッキー生地でペロリと食べてしましました。
プレーンベーグルは素朴ながら嚙みちぎるときのモチっと食感が癖になります。

そして写真はないのですが、キューブぱん。ミルクのほんわかな甘味にソフトなふんわり食感。ソフト系のパンってこういう幸せがあるなーと感じるパンでした。サイズ感もコロンと可愛いんです。
思わず写真に撮るのも忘れて食べてしまったのが悔しいです。(笑)

トラベラーズリッドで飲む珈琲もお洒落ですが、さっと飲める紙パックパックジュースや牛乳が片手に欲しくなる、そんな優しいパンでした。

ちなみにもちろん珈琲とも合うと思います。
近く、同じく海沿いにYAMANEKO MILLという美味しい珈琲があるお店もあることですし。(笑)


*お店情報
【店名】パンのなる木
【営業時間】am7時~pm7時まで
【定休日】火・水曜日
【住所】尾道市東御所3-23
【電話番号】0848-24-1517






パン屋さん巡りしながら尾道を楽しむ旅

お散歩途中なのかパン巡りをしているのか自分でも分からないほど
沢山の美味しいパンを食べて
猫さんにも出会えて。

次はどこに行こうかな
ひとまずまた猫さん会えるかなー
とまた歩き出したくなって。

小腹が空いたらまたパン屋さんに寄る。

そんな旅が出来るのが尾道の魅力の一つだったりするのかもしれません。



コメント

タイトルとURLをコピーしました